2017年2月17日 (金)

今日の夕方空想カフェ

今日の夕方空想カフェ
昭和の佳味芝居は「和の心」丹下左膳、SF(新)浦島太郎、黄金バット他台東区千束2空想カフェ内で行われます。ご都合をつけていらして下さい。

2017年2月16日 (木)

天童フェアー

天童フェアー
どうぞよろしくお願いいたします。源吾朗は天童ふるさと大使でした。今度、土曜日曜日は賑わうと思います。

2017年2月15日 (水)

山形県天童フェアー

山形県天童フェアー
本日より東京都庁第一本庁舎二階北側イベントスペースにて天童フェアーが開催されています。今日、紙芝居パフォーマンス明治時代天童を守った武士吉田大八公の紙芝居語りをやりました。(15日初日のみ)フェアのお客様メキシコからのお客様にも大変喜んで頂きました。15日から21日まで。どうぞ、お出掛けください。
天童フェア in 都庁全国観光PRコーナー

黄金バットの作者加太こうじ先生

黄金バットの作者加太こうじ先生
戦前、戦後をとうして昭和の僕たちを楽しませてくれました。癒しの怪傑黄金バットでした。紙芝居時代の正にヒーロー突如として現れた正義の味方、ワハハハハ…加太こうじ先生の絵で爆発的なヒーローにのし上がりました。今で言えば大ブレークだった。先生と最初で最後の会話、葛飾の御自宅へ電話すると教えて下さった軽井沢別荘そこへ電話!「黄金バットを上演したいのですが?」、「あ〜いいよ、飾っていてもしょうがなからね!」と。35年前頃でした。気さくな加太先生でした。今では黄金バットに食べさせて頂いております。有り難うございます。写真は浅草喫茶店ピーターにて。先生が描いた壁画ビッグパレード。

中野駅前で遭遇

中野駅前で遭遇
なんと愛らしい小鳥…癒しなります。じーと見つめていました。思わず撮りました。でも、逃げていかなかったです。

2017年2月12日 (日)

大道芸の神様ギリヤーク尼ヶ崎ドキュメンタリー

大道芸の神様ギリヤーク尼ヶ崎ドキュメンタリー
2017年2月11日夜素晴らしい感動のギリヤーク尼ヶ崎先生86歳のドキュメンタリー番組(NHKETV11時)涙がとまりませんでした。思えば1973年頃の新宿歩行者天国大道芸を思い出します。私(源吾朗)は紙芝居(23歳)で丸井前に立ちギリヤークさんは紀伊国屋前で(43歳)大道芸を一緒にあの時代生きていました。(涙)最初は会話なしでしたが週一の歩行者天国が楽しみでした。そして、大道芸終了後カンビールでお疲れ様!がとても懐かしいです。頑張れたのはギリヤークさんがいたからです。88歳米寿まで頑張りましょう。有り難うございました。フレフレ!ギリヤーク尼ヶ崎!

2017年2月 4日 (土)

浅草奥山お参りまち通り

P1002371_3
外人さんに大ウケ、バイリンガル黄金バットマリーの声…「Help,Daddy!Help!」声色がうけてます。本日浅草奥山通り(木馬亭浅草寺より)で頑張っています。お時間ある方お待ちしています。

2017年1月25日 (水)

正月22日風流芸

正月22日風流芸
早稲田元赤城神社社務所二階「風流芸」3時から正月ならではの獅子舞い登場風流芸ならではの獅子舞いでもあります。お客様に楽しんで頂きました。和の心にびっくり楽しんで頂き有り難うございました。

2017年1月24日 (火)

中井様、ありがとうございます

大道芸能家 源 吾朗のブログをご訪問くださり誠にありがとうございます。

コメントをいただきました、中井さま、ありがとうございます。

源 吾朗、パソコン、ネット苦手でコメントを戴いた方のメールアドレスをパソコンで見る方法がわかりません(笑い)
恐れ入りますが、中井さまから再度、御連絡いただくこと出来ますでしょうか。

事務所(源 吾朗事務所/カルチャーワークス)電話03-5155-7244
当方メールアドレス cw@interlink.or.jp  でございます。

なお、月末の予定と致しましては、土曜日(28日)は、お台場のデックス東京ビーチ4F台場一丁目商店街http://www.odaiba-decks.com/news/event/daiba1chome.htmlの定例紙芝居で出演しております。
29日(日)はお天氣が良ければ浅草おまいりまち通りで街頭紙芝居の予定です。

よろしくお願い申し上げます。

お恥ずかしい話で恐縮ですが、よろしくお願い申し上げます。

2017年1月19日 (木)

大変失礼しました。ブログご覧の皆様へ

大変失礼しました。ブログご覧の皆様へ
安藤勇寿さんの画集はこちらの絵です。誠に失礼しました。先のはイタリアのネット(インターネットパソコン)からの取材があり源吾朗の浅草でのバイリンガル紙芝居が「日本からの新鮮なニュースをお届けします」の番組イタリアで流れるようです。(笑)

画家安藤勇寿

画家安藤勇寿
まだ正月。取って置きの絵のご紹介、画家・安藤勇寿さんの絵です。かつて安藤勇寿美術館のオープニングお祝い演芸駆けつけ、モンゴル旅行同行都内での安藤勇寿個展などなど。安藤勇寿画集最新作「大人と子どものつながり」素晴らしい大好きな画集のご紹介です。美術館は栃木県佐野市にあります。

2017年1月13日 (金)

日本は正月獅子舞い

日本は正月獅子舞い
IT、デジタル、の社会。日本人の心に和の心を届けようキャンペーン三回目。獅子舞いパフォーマンスを敢行更に2月も頑張ります。源吾朗一座。

«浅草の夕暮れ