« 中野駅前で遭遇 | トップページ | 山形県天童フェアー »

2017年2月15日 (水)

黄金バットの作者加太こうじ先生

黄金バットの作者加太こうじ先生
戦前、戦後をとうして昭和の僕たちを楽しませてくれました。癒しの怪傑黄金バットでした。紙芝居時代の正にヒーロー突如として現れた正義の味方、ワハハハハ…加太こうじ先生の絵で爆発的なヒーローにのし上がりました。今で言えば大ブレークだった。先生と最初で最後の会話、葛飾の御自宅へ電話すると教えて下さった軽井沢別荘そこへ電話!「黄金バットを上演したいのですが?」、「あ〜いいよ、飾っていてもしょうがなからね!」と。35年前頃でした。気さくな加太先生でした。今では黄金バットに食べさせて頂いております。有り難うございます。写真は浅草喫茶店ピーターにて。先生が描いた壁画ビッグパレード。

« 中野駅前で遭遇 | トップページ | 山形県天童フェアー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中野駅前で遭遇 | トップページ | 山形県天童フェアー »